個人事業主として働いている人の場合、確定申告の手続き方法には白色申告と青色申告の2種類があります。

白色申告では、その手続きをするにあたって帳簿をつけることを義務付けされていませんが、青色申告では帳簿付けが義務となっています。税務調査が入った場合に、必ず帳簿が調査されることになるからです。

そのため、帳簿付けが義務となっている青色申告は非常に面倒な確定申告の仕方だと思っている人も多くいますが、青色申告では税法上、多くの特典があるので白色申告よりも税額が安くなるという特長があります。

ただし、個人事業主の人が青色申告をするために帳簿を毎日つけていくとなると、その作業にはとても労力が必要になってきますし、帳簿の付け方がよく分からないという人も少なくはないはずです。

そこで、確定申告を青色申告に変更しようと検討している個人事業主の人の場合、思い切って税理士へ帳簿付けや確定申告の手続きを代行してしまうことをおすすめします。

たしかに税理士へ代行を依頼するとなると報酬を支払うことになってしまいますが、毎日の帳簿付けや確定申告の手間を考えると、その金額は決して大きなものではありませんし、何よりも面倒な作業から開放されることによってこれまで以上に経営に専念できるようになります。

確定申告 代行 費用

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ